ジャッジ流検査のすすめ!その490

まいど。検査士なかじーです。
さて、ご存じの方も多いと思いますが、来月から修復歴の基準が一部変わりますね。
詳しい内容は日本自動車査定協会のHPでご確認いただくとして、ざっくり言うと今までより基準が若干ゆるくなります。
それにより、今年の3月まで修復歴ありだったものが、4月から修復歴なしに変わる場合もあるわけです。
近年のクルマの構造に合わせた基準変更なのでしょう。
本来であれば、実際にクルマを使う消費者に知っておいて頂きたいところですが、なかなか修復歴の定義を理解されている方は少ないと思います。
全く補修歴のない『修復歴なし』と、一部補修しているものの、修復歴に該当しない『修復歴なし』の二つが流通していくわけです。
今後は、ますます検査査定の仕事が重要になっていきますね!

Posted by ジャッジメント on 日記・コラム・つぶやき査定検査車リヤエンドパネルバックパネルフロントクロスメンバーインパネインナーフロントサイドメンバーピラーセンターフロアパネルフロアリヤインナータイヤハウスホイルハウスリヤサイドメンバーリヤクロスメンバークロスメンバーフレームモノコックユニタイズド修復歴車の定義スペアタイヤハウス突き上げR点評価点日本オートオークション協議会前事故横事故後事故軽微な損傷修正変形損傷再溶接 |

2019年3月19日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その489

まいど。検査士なかじーです。 先週に関連して、樹脂製バンパーについて。

以前は、バンパーにすき間があっても、それ程関心が無かったのですが、近年のクルマの構造は、車種によってはバンパーのすぐ裏側まで骨格が伸びているものもあります。
ですので、バンパーのズレは、修復歴摘出の重要なヒントとなる場合があります。

Photo

樹脂製バンパーは、ぶつかってへこんでも、ある程度元に戻ります。
また、その時に付いた傷も補修してしまえば、わからなくなります。
ですので、この様なすき間は、バンパーに衝撃が入ったであろう、ヒントになります。

Photo_2

バンパーにすき間を発見した場合、特に注意していきましょう。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 19, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラータイヤハウスドアバイクバックパネルバッフルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーモノコックリペアリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷改造新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車骨格3点3.5点4点 |

2019年3月12日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!488

先週に関連したネタです。

洗車の際に手を付けない箇所、というのは汚れ以外にも補修跡のヒントがあります。
例えば、こんな感じ。

Photo_4

フロントバンパー下ですが、塗装をした際のマスキングテープが残っています。補修した証拠ですね!

バンパーを補修している、という事を発見できればそれに関連した部位にも目が向きます。

普段、目の届かないところ、そういう箇所こそ、ヒントがあると覚えておきましょう。

ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 12, 2019 NAKR点ひょう害車インナーインパネクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップセンターパネルセンターピラートランクトランクフロアドアバックパネルパネルピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリペアリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽損骨格3点3.5点4点 |

2019年3月 5日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その487

まいど。検査士なかじーです。 先週に関連して樹脂製バンパーについて。

「色調の違い」 は他の部分でも発見できる場合があります。
例えば、下廻り。下面は色調、というより汚れ具合の違いで分かります。

Photo

さらには、こんなところでも違いを発見できます。
リヤゲート開口部のフチ部分と、リヤバンパーの汚れ具合、色調の違いです。

Photo_2

どちらにも共通して言えることは、洗車の際に手を付けない部分、という事です。
こういった箇所は汚れ具合で補修したバンパーとの差がわかりやすいですね。
検査時の参考にして下さい。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 5, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラータイヤハウストランクトランクフロアドアバックパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤサイドメンバーリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷改造日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車骨格3点3.5点4点 |

2019年2月26日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その486

まいど。検査士なかじーです。 先週の補足です。

色の違いが微妙で分かりづらいクルマもありますので、外板パネルと樹脂製バンパーの色調の差を見る際は、「パッと見」 の一回だけで済ますのではなく、角度を変えて見ると色の違いに気付くかも知れません。

Photo

それから、日差しの眩しい時などは確認しづらい可能性もありますね。

Photo_2

少し離れたところから、クルマを見る、というもの有効です。あまり近づきすぎてピンポイントで見てしまうと周辺パネルとの色の差に気付きにくいものです。
パネルの境目、バンパーとの境目は意識しつつ見るだけで違いを発見しやすくなると思います。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 26, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルタイヤハウストランクトランクフロアバックパネルバッフルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリペアリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ下地色交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷改造新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査災害車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |

2019年2月19日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その485

まいど。検査士なかじーです。 先週の続きで樹脂製バンパーについて。

補修跡を見抜くコツを考えていきましょう。
まずは、「色調の違い」です。補修の際、色合わせを上手くしていると分かりませんが、若干でも違いを発見できれば、それは補修跡の証拠となります。
フェンダーなど、外板パネルと同じ色調かどうか見ておきましょう。

Photo

上の写真のように、あからさまに違っていればすぐに分かりますね。
では下の写真はどうでしょう?

Mr

例えば、曇天の時や夕暮れ、あるいは時間に追われていて急いでいる時など、微妙な色の差だとうっかり見過ごしてしまうかもしれません。
バンパーを見る際は漠然と見るのでなく、隣接する外板パネルとの色調の差があるか、
意識しながら見るとよいでしょう。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 19, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラートランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |

2019年2月12日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その484

まいど。検査士なかじーです。

私が検査の仕事を始めた頃 (12年ほど前)は、 前後バンパーの補修跡について、それほど重要視されていなかったように思います。
外板パネルに交換や補修跡があると、必ず骨格を確認しましたが、バンパーに関しては
『補修跡 = 必ず骨格を確認』 という考えは、無かったように思います。

None

ところが、近年、特に軽自動車を中心としてバンパーのすぐ裏側まで骨格、という構造のクルマが増えてきました。

Nwgn

外板パネルに交換や補修跡がなくても、バンパーをきっかけに修復歴に気付いたという事もありました。
ということで、これから数週、樹脂製バンパーについて考えていこうと思います。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 12, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷骨格3点3.5点4点 |

2019年2月 5日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その483

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。
外板交換のあった車両、果たして骨格部に変形や修正跡または交換など、あったのでしょうか?
答えはこちら。

Photo_3

修正してましたね。修復歴車となります。
修正している箇所は、新たに塗装するので経過年の汚れがありません。
また、おそらく外板塗装用に作った(調合した)塗料をそのまま骨格部位に使用しているので、ツヤがあります。
骨格の形状そのものをよく見るのも大事ですが、こういった汚れ・色調も有力な証拠となりますので、検査の際には覚えておきましょう。
ではまた~

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 5, 2019 NAKR点インナーオートオークションクォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルタイヤハウストランクトランクフロアドアバッフルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダールーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |

2019年1月29日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その482

まいど。検査士なかじーです。

しばらく更新が滞っておりました。ようやく再開したいと思います。
さて、先日国産のミニバンを検査していて、ボンネット、右フロントフェンダーが交換されている車両がありました。

Photo

外板が交換、という事なのでエンジンルーム内の骨格を見ていくわけですが、右側を特に注意しながらみていきましょう。

Photo_2

上の写真は右フロントインサイドパネル周辺を拡大したものです。
秒殺で分かるような変形や修正跡は、パッと見だと分かりませんねェ
さて、何も異常がないのか、それとも修復歴車となってしまうのか??
答え合わせは次週です。ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 1月 29, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリペアリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ下地色交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |

2018年12月25日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その481

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。フロントフェンダー交換の場合、衝撃の入力方向は車両前方から、とは限らず側面からの可能性もあるので、覚えておくと良いと思います。

Photo_4

「先端部分」という事を意識しすぎて、つい前方ばかり見てしまいましたが、側面から衝撃が入る可能性だってあるわけです。 うっかり忘れていました。

Photo_5

右ストラットタワー周辺です。衝撃によりパネル接合部が開いてしまっています。

Photo_6

拡大図です。左側はスキマはありませんでしたので、衝撃による変形、とみていいでしょう。
今回は、フロントフェンダー交換はインナー先を見る!という固定観念にとらわれて、側面からの可能性を考えていませんでした。
検査をするタイミングでは、すべて修理は終わった状態ですから、どの様にぶつかったのか、どの様に修理したのかが見えません。
そこは想像をしながら見ていくしかなく、視野・考え方を広くもって臨むべきと思いました。
次回、年明け数週お休みです(その間にネタ探しやります)
今年もお世話になりました。
では、また来年!

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 12月 25, 2018 R点インナーインパネオートオークションクォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルタイヤハウストランクフロアバックパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリペアリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷改造新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽損骨格3点3.5点4点 |