2018年4月17日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その454

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。このクルマにおける修正機跡は、先週の②ですね。
固定ではなく、曲がった先端部分を挟んで直した跡、と考えられます。

Photo_3

と、いうことは大掛かりな修理をしたのではなく、リヤエンドパネルの先端部分の変形だけで済んでいる可能性があります。

Photo_4

衝撃は、さほど強くなかった可能性が高く、このような場合は、特に車両先端部分を中心に見ていくとよいでしょう。
ではまた~

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 4月 17, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, センターフロアパネル, トランク, トランクフロア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リペア, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 骨格, 3.5点, 4点 |

2018年4月10日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その453

まいど。検査士なかじーです。

先日、検査していたら、リヤゲートが交換されているクルマがありました。

Photo

リヤゲートを開けて、まずはウェザーストリップを剥がすと・・・

Photo_2

リヤエンドパネルの先端部分に修正機跡(クランプ跡)がありました。
さて、この状態からどんなことが分かるでしょうか?
ちなみに、修正機を使う場合とは、
①車両を固定する
②曲がった部分をはさんで修正する。
が、あります。
このクルマの場合、どちらでしょうか?
また、これらから、衝撃度合いもある程度判断できますよね。
続きは次週。ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 4月 10, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クロスメンバー, コアサポート, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, トランク, トランクフロア, ドア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年4月 3日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その452

まいど。検査士なかじーです。 先週の続きです。

センターブレスが交換されているクルマがありました。
この状況から、どんなことが分かるでしょうか?
結論は、こうです。
①前方からの衝撃が、確かにあった。
②衝撃はセンターブレス部分で止まっている。
 (それ以上奥へは伝わっていない)

Photo_3

センターブレスは、上が「アッパーコアサポート」、下は「フロントクロスメンバー」で固定されています。
また奥側は「クーラーコンデンサー」があります。これら3点とも変形や交換跡などの形跡が無く、衝撃の波及は認められませんでした。
と、いう事は衝撃はここで止まっている、と言えます。
その車両状態を観察することで、いろいろと見えてくると思います。
ではまた~

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 4月 3, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クォーター, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドメンバー, シーラント, ステップ, センターパネル, センターピラー, タイヤハウス, トランク, トランクフロア, ドア, バッフル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リペア, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年3月27日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その451

まいど。検査士なかじーです。

先日、センターブレスを交換しているクルマがありました。

Photo

拡大してよく見ると・・・

Photo_2

アッパーコアサポートとセンターブレスの色調が違います。本来であれば同一色でなければいけない箇所ですね。
さて、ここで検査を終了してしまっては勿体ないので、チョット考えてみましょう。
この状態で、何が分かるでしょうか?
続きは次週。 ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 27, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クォーター, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, トランクフロア, ドア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年3月20日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その450

まいど。検査士なかじーです。 先週の続きです。

「壊れやすい部品」とは、他にどんなものがあるでしょうか?
部品を取り付けるためのステーや、細い(薄い)鉄板などは変形しやすいので、衝撃の入力報告や力の伝達順を考慮しつつ、見ていきましょう。
例えば、

Photo_3

ラジエータの前にある部品「センターブレス」です。衝撃ですぐ曲がってしまうので、交換されてしまう事が多いですね。取り付けボルトの回し跡や、他の部位と汚れ具合などを比較すると良いでしょう。

Photo_4

フェンダーを取り付けているステーです。側面から衝撃が入った場合、この細いステーが無傷で済む可能性は低いですよね。
逆にいうと、フェンダー交換があって、このステーがまったく変形が無ければ、大きい衝撃は入っていないと判断できます。
エンジンルーム内を見るときは、「壊れやすい部品」はないかな~と意識しながら見てみましょう。
ではまた~

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 20, 2018 NAK, R点, インパネ, オートオークション, クォーター, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターパネル, センターピラー, センターフロアパネル, タイヤハウス, トランクフロア, ドア, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ホイルハウス, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リペア, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 下地色, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年3月13日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その449

まいど。検査士なかじーです。 先週の続きです。

外板に交換や修理跡があった場合、どう見ていきましょうか?
いきなり骨格を見るよりも、入力の方向を考えたり、外から順に力が伝わる事を意識した方がよいです。←先週の内容ですね。
次に考えることは何でしょう?
実際に衝撃が入った形跡があるかどうか、確かめることですね。見るポイントとしては、
「壊れやすい部品」 です。例えば、

Photo

ヘッドライトの取り付け部分、注意してみましょう。樹脂製なので衝撃に弱く、前面から衝撃が入った場合、車両の先端の部品ですから、必ず衝撃が入ります。

Photo_2

衝撃が強かった場合、交換されている可能性もあります。
ですので、左右で比較して片方だけ部品が新しくないか、など見ていくとよいでしょう。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 13, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クォーター, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, センターピラー, トランク, ドア, バックパネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 軽損, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年3月 6日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その448

まいど。検査士なかじーです。

検査をしていて、「外板に交換があって、骨格に何も異常がない」場合、不安になりますよね。
まず、骨格をくまなく見れているか不安ですし、どういう手順で見ていけばいいのか・・・
そんなところから、骨格の見方、見ていくための考え方などをお伝えしていきます。
①衝撃の入ったであろう、方向を想像してみましょう。

Photo

外板を介して、外部から衝撃が入るわけですから、その方向はどちらか、想像してみます。
②衝撃は外から内へ、順に伝わる

Photo_2

いきなり骨格部分に目を向けても、よくわかりませんよね。外板に交換や修理跡があったら、外側から内側へ向かって、順に見ていきましょう。
まずは、基本的な考え方を見に付けておくのが大事です。その方が車種が変わっても、初めて見るクルマでも、応用が効くようになりますよ。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 3月 6, 2018 NAK, R点, インナー, クォーター, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, トランク, トランクフロア, ドア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 軽損, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年2月27日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その447

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。外板に交換があって、その内部である骨格に異常があるのか否か、どうやって見ていきましょうか?
今回は、その対策のひとつとして、現車を前にしてちょっと考えてみることをお勧めします。
例えば、検査をしていて骨格部に変形を見つけたとします。

Photo_3

無事に発見できたので、これで検査終了!・・・と言いたいところですが、時間が許せば少し考察するとよいでしょう。
「なぜ、このような変形の仕方をしたのか?」 
「衝撃はどの方向から入ったのか?」
「骨格は入力があると、どんな感じで変形するのか?」
等々、現車を前にして考えてみると、いろいろと見えてくると思います。
検査の際の参考にしてみてください。
ではまた~

60_2

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 27, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, トランク, ドア, バックパネル, バッフル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボンネット, メンバー, ユニタイズド, ラジエーターコアサポート, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年2月20日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その446

まいど。検査士なかじーです。

検査をしていて、フェンダーやボンネットなどの外板に交換があって、骨格部に異常がないと、不安になりませんか?

Photo

Photo_2

検査する側の人間としては、上のような場合、骨格に変形や修正跡などを発見できると安心しますよね。
逆に何も異常がないと、自分が見落としているのではないか?と思ってしまいがちです。
「大丈夫。この車両は外板に交換はあっても、骨格に問題ない。」
と、確信をもって言えるには、どうしたらいいでしょうか?
次回から、そんな事をちょっと考えていきたいと思います。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 20, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドシル, サイドメンバー, シーラント, ステップ, センターピラー, トランクフロア, ドア, バックパネル, バッフル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ホイルハウス, ボルト, ボンネット, ラジエーターコアサポート, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 軽損, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |

2018年2月13日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その445

まいど。検査士なかじーです。久し振りの更新です。

さて、ピラーに関するお話です。
一部のダイハツ車で、ドアが90°近くまで開く車種があります。検査をする上で気を付けておきたいことがあります。

Photo

ドアの開きすぎにより、ドアのストッパーが開く方向に引っ張られ、取り付け部分のピラーに歪みが生じる場合があります。

Photo_2

外部から、外板を介して入った衝撃でないと、修復歴とはなりません。
骨格部分の変形をピンポイントで見つけるのも大事ですが、その変形はどんな力が入って変形したのか、また周辺(外板・ステーなど)の状態はどうか、など総合的な判断をしましょう。
ではまた~

60

車の色番号の検索と中古車の査定研修はジャッジメント

Posted by ジャッジメント on 2月 13, 2018 NAK, R点, インナー, インパネ, クォーター, クロスメンバー, コアサポート, サイドメンバー, シーラント, ステップ, センターピラー, トランクフロア, ドア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ホイルハウス, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リペア, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 下地色, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 加工, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 新車溶接, 日本オートオークション協議会, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 骨格, 3点, 3.5点, 4点 |