« ジャッジ流検査のすすめ!今週はお休みです。 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その435 »

2017年10月17日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その434

まいど。検査士なかじーです。

ふと気付くともう秋ですね。しばらく更新がとまっておりました。
業務の合間に少しづつ続けて参りますので、よろしくお願いします。
さて、前回の「その430」に関連した内容ですが、リヤフェンダーが「あやしい」と思ったら、まず確認したいのが、下の写真のとおり、ドアをあけてウェザーストリップ(帯状のゴム部品)を剥がして接合部を見る、という手順ですね。

Photo_2

しかし、たまにあるのが、樹脂製カバーで覆われていたり、ウェザーストリップが硬くはまっていて剥がせないということ。

そんな時は、ここを見てみましょう。リヤフェンダーの下部です。位置的に対車両がぶつかる高さですね。

Photo_3

ここも接合部なので、シーラントの塗りを確認すると、新車状態との違いに気付くかもしれません。(すべての車種にあてはまるわけではありません)

「もし交換されているとしたら、修理されているとしたら、どの位置(高さ)をぶつけるだろう?」

と、想像しながら検査手順を考えるとよいでしょう。

ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 10月 17, 2017 NAK, R点, インパネ, クォーターインナー, クロスメンバー, コアサポート, サイドメンバー, シーラント, ステップ, スペアタイヤハウス, センターピラー, センターフロアパネル, タイヤハウス, トランクフロア, ドア, バックパネル, パネル, ヒンジ, ピラー, フェンダー, フレーム, フロア, フロアサイドメンバー, フロントインサイドパネル, フロントクロスメンバー, フロントサイドメンバー, フロントピラー, ボルト, ボンネット, メンバー, モノコック, ラジエーターコアサポート, リペア, リヤインナー, リヤエンドパネル, リヤクロスメンバー, リヤゲート, リヤサイドメンバー, リヤハッチ, リヤフェンダー, リヤフロア, ルーフ, 交換, 修復歴車の定義, 修正, 再塗装, 再溶接, 前事故, 変形, 外板パネル, 後事故, 損傷, 改造, 日記・コラム・つぶやき, 板金塗装, 査定, 検査, 横事故, 現状車, 突き上げ, 第一メンバー, 色調の相違, 衝撃波及, 評価点, 車, 軽微な損傷, 軽損, 骨格, 3.5点 |