« ジャッジ流検査のすすめ!その459 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その461 »

2018年6月12日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その460

まいど。検査士なかじーです。

今週も軽自動車のフロントバンパーについて。
軽自動車のなかでも、特に注意したいのがホンダ車です。フロントインサイドパネルの形状が特殊で、フロントバンパーのすぐ裏側まで伸びている車種が多いです。

Photo

樹脂製フェンダーライナーをめくると、フロントバンパーの内側にインサイドパネルを確認できます。

Photo_2

フロントバンパー自体、前後にそれほど厚みが無いのですが、その内側にある骨格ですから、外からの衝撃には影響をかなり受けるでしょう。
フロントバンパーに傷やズレがあった時はもちろんですが、何もダメージが無い時でも念のため、フェンダーライナーはめくって中の骨格を確認しましょう。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 6月 12, 2018 NAKR点インナーインパネクォータークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラータイヤハウストランクフロアドアバックパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボンネットメンバーモノコックユニタイズドラジエーターコアサポートリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |