« ジャッジ流検査のすすめ!その465 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!夏休みです。 »

2018年7月31日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その466

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きで、今回も下廻り、フロントクロスメンバーについて。
フロントクロスメンバーを見る際は、ただ漠然と見るだけでなく、どの方向から衝撃が入ったか?イメージしながら見ると、損傷の発見につながります。
衝撃が入る方向としては、2パターンありまして、『前から』 と『下から』 です。

Photo

前方からの場合、フロントクロスメンバーは全体的に見た方が、変形・曲がりを見つけやすいです。

Photo_2

いずれの場合も、ピンポイントで見るより、全体的に見れた方が分かりやすいですね。
やはり、ヒザを付いて、『しっかり見る』 ということが大事です。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 7月 31, 2018 NAKR点インナーインパネクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラートランクトランクフロアドアバックパネルヒンジピラーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽損骨格3点3.5点4点 |