« ジャッジ流検査のすすめ!その468 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その470 »

2018年9月18日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その469

まいど。検査士なかじーです。

最近、リヤの下廻りを見ていて困るな~ という事があります。
樹脂製のアンダーカバーに覆われて、リヤフロアパネルが全く見えない車種が出てきつつあるのです。
以前は、カバーがあったとしても部分的で、スキマから中の状態を見れたのですが、全面的に覆われていると、中の状態がまったく分かりませんね。

Photo

車両の下を通る空気が乱れると抵抗になるので、カバーを付けて清流させると聞いた事があります。
まだ、室内側からカーペットをめくって確認できればいいのですが、一部ハイブリッド車などは、室内側も樹脂製カバーで覆われていて、まったく鉄板部分が見えない場合もありますね。
さて、どうしたものか・・・

Posted by ジャッジメント on 9月 18, 2018 NAKR点インナーインパネクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアバックパネルピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーボルトボンネットメンバーラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロア交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷骨格3点3.5点4点 |