« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月23日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その474

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。まだ新しいクルマのリヤに修正跡がありまして、油断していたのもあり、あやうく見落とすところでした。

Photo

右側の下から見た姿勢です。○で囲んだ部分、少し濃いグレーですが、修正したのち、塗装されたものでした。

Photo_2

リヤエンドパネルとリヤフロアの接合部を直して、他の部分は変形が残っています。
うっかり見落としをしそうになった原因としては、
・外板に塗装・交換跡なし
・夕方の雨天で薄暗く、ライトを当てても部分的にしか見ていなかった
(写真はフラッシュを使っているので、まんべんなく全体を見渡せています)
・マフラーが邪魔で、パッと見で全体を見渡すことが出来なかった。
・おそらくリヤバンパーは交換だが、クルマ自体新しいので交換されていても気付かない
あとは、先々週のネタのように、特に問題なくてもリヤフロアの一部に色が違う場合(車種)があった、ということでしょうか。
つねに油断せず、見ていかないとダメですね~
次週はお休みです。ではまた~

60_2

Posted by ジャッジメント on 10月 23, 2018 NAKR点インナークォータークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラーセンターフロアパネルタイヤハウストランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリペアリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロア交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点軽微な損傷軽損骨格3.5点4点 |

2018年10月16日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その473

まいど。検査士なかじーです。

先週は、リヤフロアの一部になぜか塗装跡のあるクルマを見ました。
今回はこちら。まだ新しく、新車登録から1年未満、距離はたしか700キロ弱でした。

Photo

リヤバンパー下から見ています。上の写真が右側です。

Photo_2

こちら左側ですね。
まだ新しいクルマとあって、油断していたらリヤフロアの一部が修正されていました。
さて、どこが修正されているのでしょうか?
続きは次週です。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 10月 16, 2018 NAKR点インナーインパネクロスメンバーコアサポートサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアドアバックパネルバッフルピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷骨格3.5点4点 |

2018年10月 9日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その472

まいど。検査士なかじーです。

先日、検査していて 「おや?」 と気になったことがあります。
リヤフロアまわりを下から確認しようと、リヤバンパーの右側の下から覗き込んでみたら・・・

Photo

ちょっと分かりにくい構図ですね、すみません。手前の金属製の管がマフラーですね。
気になったのは、○で囲んだ周辺、リヤフロアの側面、黒い塗装がされている事です。
部分的に本来のフロアパネルと別の色が塗られている場合、修正した跡、鉄板が錆びるのを防止するために塗装されている場合がよくあります。

Photo_2

近づいてよく見てみましたが、修正されている形跡はありませんでした。
目的は何なのでしょうね?
まあ、とにかくこれが新車状態なのでしょう。特に問題なさそうなので安心しました。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 10月 9, 2018 NAKR点インナーインパネクォータークロスメンバーコアサポートサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラータイヤハウストランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーユニタイズドラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ下地色交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽損骨格3点3.5点4点 |

2018年10月 2日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その471

まいど。検査士なかじーです。

ようやく猛暑が終わったと思ったら、梅雨を思わせる気候が続きますね。
体調もイマイチですし、何より検査がやりづらいですよね。早く秋らしい晴れ間が続くのを見たいものです。
さて、下の写真の車両ですが、パッと見で、どこが新車状態と違うか、分かりますか?

Photo

勘のいい人ならすぐ気付きますかね?正解はこちらです。

Photo_2

リヤフロアとリヤエンドパネルの接合部のシーラントが変わっています。新たに塗り直されていますね。この状態だと、リヤエンドパネルが交換されている可能性が高いので、用心して見ていく必要があります。
外部から衝撃が入ることを想定して、より車両の先端部分から見ていく癖を付けておくとよいでしょう。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 10月 2, 2018 NAKR点インパネクォータークロスメンバーコアサポートサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラータイヤハウストランクトランクフロアバックパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車骨格3.5点4点 |