« ジャッジ流検査のすすめ!その475 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その477 »

2018年11月20日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その476

まいど。検査士なかじーです。

先日検査をしていて、あるクルマの前まわりを下から覗き込んだときのことです。

Photo

実際の角度は、先週お話ししたようにかなり斜めから見た場合の「パッと見」でした。
ちょっと「おや?」 と思う箇所があったので、じっくり見ることにしました。

Photo_2

バンパーとフロントクロスメンバーのスキマがやけに広いなあ、と思ったんです。
あと、下面擦り傷があったので、何かしらぶつけたか、衝撃の入力があったかも?
と気付き、あらためてよく見ることにしました。
例えば、雨天や夕方など周辺が薄暗いときや、時間に追われているときなど、パッと見だけで終わらそうと、急いで検査していると危険ですね。
下まわりを見るときは、ひと呼吸おいて確実に見ましょう。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 11月 20, 2018 NAKR点インナーインパネクロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラータイヤハウストランクトランクフロアドアバックパネルバッフルピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽損骨格3点3.5点4点 |