« ジャッジ流検査のすすめ!その478 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その480 »

2018年12月11日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その479

まいど。検査士なかじーです。

先日、室内の天張がない車両がありまして、ルーフパネルの室内側が見えたのでちょっと構造を見ておきましょう。

Photo

普段は天張で見えない部分です。補強の為、左右をつなぐ梁(はり)のような部品がありますね。

Photo_2

左後の角です。いくつもの部品で構成されています。
修正や交換を見抜くためには、部品のつなぎ目を理解しておく、というのも大事ですね。
ルーフに限らず、車両で外板やバンパーが外れた状態で普段みれない内部が確認できた時は、【部品構成】や【溶接のつなぎ目】など、さらには衝撃ですぐこわれそうな部位など、意識しながら見ておくと、今後の参考になると思います。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 12月 11, 2018 NAKR点インナークォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車骨格3点3.5点4点 |