« ジャッジ流検査のすすめ!その483 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その485 »

2019年2月12日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その484

まいど。検査士なかじーです。

私が検査の仕事を始めた頃 (12年ほど前)は、 前後バンパーの補修跡について、それほど重要視されていなかったように思います。
外板パネルに交換や補修跡があると、必ず骨格を確認しましたが、バンパーに関しては
『補修跡 = 必ず骨格を確認』 という考えは、無かったように思います。

None

ところが、近年、特に軽自動車を中心としてバンパーのすぐ裏側まで骨格、という構造のクルマが増えてきました。

Nwgn

外板パネルに交換や補修跡がなくても、バンパーをきっかけに修復歴に気付いたという事もありました。
ということで、これから数週、樹脂製バンパーについて考えていこうと思います。
ではまた~

60

Posted by ジャッジメント on 2月 12, 2019 NAKR点インナーインパネオートオークションクォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルトランクトランクフロアドアバックパネルパネルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーボルトボンネットメンバーモノコックラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤフェンダーリヤフロアルーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故加工変形外板パネル後事故損傷日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷骨格3点3.5点4点 |