« ジャッジ流検査のすすめ!その482 | トップページ | ジャッジ流検査のすすめ!その484 »

2019年2月 5日 (火)

ジャッジ流検査のすすめ!その483

まいど。検査士なかじーです。

先週の続きです。
外板交換のあった車両、果たして骨格部に変形や修正跡または交換など、あったのでしょうか?
答えはこちら。

Photo_3

修正してましたね。修復歴車となります。
修正している箇所は、新たに塗装するので経過年の汚れがありません。
また、おそらく外板塗装用に作った(調合した)塗料をそのまま骨格部位に使用しているので、ツヤがあります。
骨格の形状そのものをよく見るのも大事ですが、こういった汚れ・色調も有力な証拠となりますので、検査の際には覚えておきましょう。
ではまた~

60_2

Posted by ジャッジメント on 2月 5, 2019 NAKR点インナーオートオークションクォータークォーターインナークロスメンバーコアサポートサイドシルサイドメンバーシーラントステップスペアタイヤハウスセンターパネルセンターピラーセンターフロアパネルタイヤハウストランクトランクフロアドアバッフルヒンジピラーフェンダーフレームフロアフロアサイドメンバーフロントインサイドパネルフロントクロスメンバーフロントサイドメンバーフロントピラーホイルハウスボルトボンネットメンバーラジエーターコアサポートリヤインナーリヤエンドパネルリヤクロスメンバーリヤゲートリヤサイドメンバーリヤハッチリヤフェンダールーフ交換修復歴車の定義修正再塗装再溶接前事故変形外板パネル後事故新車溶接日本オートオークション協議会日記・コラム・つぶやき板金塗装査定検査横事故現状車突き上げ第一メンバー色調の相違衝撃波及評価点車軽微な損傷軽損骨格3点3.5点4点 |