« 2010年7月27日~28日 プライマリーコース2日間(輸出事業者向け)を実施いたしました。 | トップページ | 2010年8月24日~25日 プライマリーコース2日間(輸出事業者向け)を実施いたしました。 »

2010年8月 4日 (水)

2010年07月28日~29日 オートバックスカーズ査定検査技術強化研修を開催いたしました

  • 日時:2010年07月28日~2010年07月29日
  • 地域:南日本(福岡市・小郡市
  • 天候
    • 1日目:雨
    • 2日目:晴れ
  • 目的
    • 修復歴摘出率の向上により『見落としによる損失』の軽減を目指す。
    • 査定検査技術の精度向上により、自信を身につけ積極的に商談に取り組めるようになる。
    • 評価点精度向上による査定金額の精度向上
  • 内容:
    • IES(検査エキスパートシステム)による査定の目的 の再認識
    • IES査定の現状把握
    • 日常査定の振り返り
    • 検査5つのポイントの再確認
    • 自動車車体骨格部の交換・変形・修正の検査姿勢の再確認
    • 中古自動車の内外装のキズのダメージ定義と検査姿勢の再確認
    • 諸元入力について、事例を元に入力方法を再確認
    • 査定検査総合実車実習
    • 効果測定
    • 実車解説
  • 講師名:里鍋康史

◆受講者はIES査定経験者 Img_1104_640_3

本研修は、査定業務の中で、修復歴の見落としなど査定ミスによる利益損失と機会損失を防ぐ目的で、最初に学んだIES査定の基本を振り返るきっかけの研修です。

◆査定技術を強化する研修

査定技術を強化するために行うことは、技術的な研修をイメージしがちですが、より効率良く効果的に学習するために、【考え方】【知識】【技術】【行動】 の4つの角度から、何が足りていて、何が不足しているかを明確化し、不足している部分や必要な部分を重点的に補足していきます。

◆修復歴車摘出率と査定業務技術の乖離を確認

修復歴の見落としは、査定技術が未熟であるために発生するものと捉えがちですが、査定検査技術だけで修復歴を見落とす結果になるとは限りません。

買取業務における修復歴の見落としが発覚するケースの多くは、買取後、オートオークション出品の際などに発覚します。

ただし、修復歴の見落としは、買取仕入ができたものだけではなく、買取できていない車両にもあると言えます。

また、商談内容と値付けの仕組みと関連によっては、修復歴を摘出できた車両は買取にくく、修復歴を見落とした車両は買い取れてしまうこともあります。

Img_1071_640 具体的に言いますと、修復歴などの価値が下がる車両について商談を行う際に、一般には、修復歴のない車両と比較すると提示額が低くなるため、査定金額が低くなる理由を説明しがちです。

その説明がお客様の売却意思を冷まし阻害するような商談内容であれば、修復歴を発見できた車両の買取成約率は低下します。

そして、修復歴を見落とした車両は、プライシングは一般的に高い金額になるので買取やすくなります。

その結果、査定技術を持ち合わせながらも、お客様への説明如何では、買取仕入ベースの修復歴摘出率が低くなる場合もあります。

今回の受講者のひとりは、そのような傾向にあったことがわかりました。

◆問題解決のために受講

研修は常に、問題解決のために受講します。そのためには、今抱えている問題を明確に捉えていただき、自覚し、解決へ向かって行動します。

今抱えている査定業務における問題解決のために、検査の枠にとらわれずにその原因を探り結果的に適正な車輌状態の把握へと導きます。

今回の受講者のひとりは、検査技術とそれ以外の要因によって、修復歴を見落としが発覚しましたが、決して査定に必要な判断技術が足りない訳ではありませんでした。

【見るべき箇所に目が届かないから見落とす】Img_1107_640

【見るべき箇所=検査すべき箇所=IESの指示する箇所】を大切にして、しっかり理解し検査を行うことこそが、見落としを減らすもっとも重要な要素の一つだという【考え方】を理解できてから、専用チェックシートに従い検査へ取り組むようになり、その結果、適正な車輌状態の把握 ができるようになりました。

帰り道は、夏の積乱雲を追いかけながら、帰路に着きました。


☆ 本レポートは、オートバックスカーズ様より許可をいただきまして、企業名、システム名などを明記させていただきました。ご許可をいただきましてありがとう ございます。

あらためましてお礼を申し上げます。 
里鍋 康史 拝
Photo

Posted by ジャッジメント on 8月 4, 2010 学問・資格査定研修検査研修修復歴関西中古車販売店車買取専門店基礎知識実車実習技能習得効果測定 |