« 2010年10月19日~20日 プライマリーコース2日間(輸出事業者向け)を実施いたしました。 | トップページ | 2010年12月1日 査定検査研修(スタンダードコース)を実施いたしました。 »

2010年11月25日 (木)

中古車販売及び車買取専門店対象の査定研修を開催。2010年11月17日~18日

    *  日時:2010年11月17日~2010年11月18日
    * 地域:関東
    * コース:スタンダード2日間コース

    * 目的及び主な内容については、最後に記載しています。

    * 講師名:里鍋康史

◆今回の受講者は

今回の研修の受講者は、中古自動車の中古車販売店経営者様と車買取専門店スタッフ様向けに中古車査定検査研修を実施いたしました。
中古車販売店経営者様の研修への参加目的は、これまでのご自身の取り組み姿勢への振り返りと日常業務での下取り査定検査業務への不安の解消、また適正な車両状態の把握をし、お客様へ適正な下取り金額の算出と仕入れ時の車両状態の確認のために研修に参加されておりました。
車買取専門店スタッフ様は、異業種から自動車業界に転職されたばかりなので、査定検査への基本的な考え方、知識、技術、行動を理解し実行出来ることを目的に参加されておりました。

◆「何故、今回査定検査研修を受講されるのですか?」

私はいつも研修の初めに受講目的を質問します。

受講者の皆さんは受講目的を持って参加されておりますが、おひとりおひとりその目的は異なります。
それは、査定業務への取り組みスタンスとポジションの違いから来るものが大半だと思いますが、それだけではなく、査定業務を仕事として捉える中での優先順位の考え方によっても、査定研修を受講する顕在的な目的の在りどころはそれぞれです。

しかしながら、突き詰めてその目的を掘り下げていくと、それぞれの受講目的は共通したものになります。

それなにかというと、顧客満足と従業員満足のためにサービスを提供する企業の価値向上を目的とした、企業存続のための売上と利益の向上です。

◆売上と利益のための車両状態の把握

今回の受講者に限りませんが、研修受講者の皆さんは、大切な時間と貴重なお金をかけて査定検査研修を受講し、査定業務に自信をつけてお客様に満足を提供し、売上、利益の向上を目指しています。

その売上は、お客様から支持されている評価の目安となり、利益は、お客様の満足度の目安となるとよく耳にします。
やはり向上心を持って業務に取り組み、お客様へサービスを提供する企業に属する方々は、企業理念に則した行動を行っていることがわかります。
適正な査定金額の算出を行い適正な利益を得ることが、お客様へサービスを提供し続ける企業にとって、とても大切な要素であることであることも、査定検査研修を受講しながら再認識しておりました。

研修を受講するためには、受講時間や費用などの対価を支払う必要がありますが、査定検査の考え方、知識、技術、行動を身につけることにより、業務への取り組み姿勢が前向きになり、積極的に査定業務に取り組むことができるようになります。
それによって、育成に費やした時間相当の労働対価や査定研修受講費用も短期間に取り戻すことができる可能性は高くなります。

◆修復歴の見落としを減らすためには
修復歴の見落としは、ただ叱ればなくなるものでもありません。また、検査はセンスでもありません。修復歴を摘出する理由、摘出しなければならない理由や、見落としにより被る損失などを知り、それを理解していなければ、査定に取り組む上で必死には修復歴を摘出しようと思わないので、ただ、車を見るだけ、わかりやすい瑕疵を拾う程度になってしまいがちです。

それは、行き先を伝えずに乗り物を与えても、行き先がわからなければ、目的地にはたどり着けません。また、操作方法を理解していなければ、乗り物を運転できません。交通ルールとマナーを知らなければ、事故やトラブルを起こしてしまいます。
それらにも似ていると思います。

何故、外板パネルの塗装の判断が大切なのか。何故、板金塗装していたら、交換の可能性を疑う必要があるのか。そして、外板パネルの板金塗装や交換、そもそもボルトの回し跡がある場合には、何故、その内側に位置する骨格の損傷を疑う必要があるのか、など。

査定検査の基礎的な部分ではありますが、そこを知っているのと知らないのでは、検査結果や成長速度に大きな差が発生することは、これまでの受講された皆さんの結果からも明らかです。

◆研修受講者同士での情報交換

今回は、中古車販売店経営者ご夫婦と、異業種からの車買取専門店に転職された方が受講されましたが、業界内では異業種とも言える組み合わせでの研修開催も、お互いに刺激になり、知識の幅を拡げる上でも参考になったそうです。Iphone_3816_640

下取りやオートオークションからの販売車両の仕入についても、車買取専門店での買取査定についても、検査について学ぶ事については、共通点がたくさんあります。特に基礎的な部分は、共通していると言えますので、業界知識の幅を拡げる上では、他社の方とともに学ぶこともメリットがあるとと思います。

 

◆研修受講のメリット

研修を受講するためには時間とお金が必要ですが、お客様へサービスを提供し続ける企業が存続発展するために必要なお金である利益を追求するために、必要な土台となる部分を培うものとして、また、成長を加速するためにも有効な手段のひとつであると思います。

修復歴の見落としは、利益を削り、自信の喪失、信用の失墜にもつながります。また、自信がないと疑わしいものを罰してしまい、過剰摘出や誤審の原因にもなります。修復歴の過剰摘出や誤審は、お客様からの信用を失う大きな一つの要素と言えます。
そのようなことの無いように【適正な車両状態の把握=適正な査定検査結果】を常に意識し求め、結果に繋ぐことがお客様からの信頼を得るひとつの有効な方法だと思います。

Posted by ジャッジメント on 11月 25, 2010 査定研修検査研修修復歴関東中古車販売店車買取専門店国産車ディーラー日本車未経験者初心者基礎知識実車実習技能習得 |